音楽業界誌ビルボードの提灯記事

音楽業界誌ビルボードが書いた提灯記事。米経済誌フォーブスが拾って、日本語訳がヤフーのトップになった。タイトルは「音楽業界激震 2016年最も売れたCDはモーツァルト」。

フォーブス誌の記事は以下だ。引用する。

「ビルボードの発表によると、2016年米国で最もCDを売ったのはモーツァルトだ。モーツァルトの没後225年にちなみ、10月28日にリリースされたのが200枚組のボックスセットの「モーツァルト225」。このセットがこれまで合計で125万枚のCDセールスとなった。モーツァルトは今やドレイクやカニエ・ウェスト、ビヨンセよりも売れているアーティストということになる」

本当に125万枚売れたのか。実際は僅かに6250セットしか売れなかった。フォーブス誌はこの6250セットという事を書かない。また6250人が買ったかどうかも分からない。クリスマス・プレゼントにするからだ。200枚組なので、かけたら125万枚になるというビルボード誌のユニバーサルミュージックへの提灯記事かもしれない。勿論ユニバーサルミュージックのクラシック部門が売り込んだのだろう。それにしても誤解を生む。

アメリカでアルバムの販売は随分前からCD販売と有料ダウンロード販売が逆転している。しかしこの商品は有料ダウンロード販売を行っていない。ドレイクやビヨンセよりも売れていると言うが、ドレイクとビヨンセのアルバム販売は有料ダウンロードがCDを大きく上回る。1つの商品なので合算する。そうなるとモーツァルトの意味の無い125万枚は簡単に超える。

それにしても6250セットしか売れていない商品を、今年(2016年)のCD売上1位で「音楽業界激震」というフォーブス誌の記事は完全にミスリード。また基準が、今年発売されたCDなので、昨年末発売され、現時点で1000万枚(CDと有料ダウンロードの合算)を超えたアデルの「25」とは比較しない。

拡散しやすい典型的な「誤解を生む」記事である。




プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR