VEVOの視聴回数ベスト10

先週、音楽ビデオ専門チャンネルのVEVOが全世界での1年間の視聴(再生)回数ベスト10を発表した。以下がベスト10。


1位) ジャスティン・ビーバー「ソーリー」 18,2億回

2位) アデル「ハロー」 12,6億回

3位) フィフス・ハーモニー「ワーク・フロム・ホーム」 11,7億回

4位) カルヴィン・ハリス「This Is What You Came For」 10,1億回

5位) ジャスティン・ビーバー「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」 10億回

6位) ジャスティン・ビーバー「ラヴ・ユアセルフ」 9,7億回

7位) ドレイク「ホットライン・ブリング」 9億回

8位) マーク・ロンソン「アップタウン・ファンク」 8,3億回

9位) リアーナ「ワーク」 8億回

10位)チェインスモーカーズ「クローザー」 7.8億回


1位のジャスティン・ビーバー「ソーリー」は累計で20億回を超え、アデル「ハロー」は18億回を超えた。何より凄いのはジャスティン・ビーバー。3曲がアルバム「パーパス」からのヒット曲。ジャスティン・ビーバーのマネージャーはスクーター・ブラウン。敏腕マネージャーとして名高い。アメリカの音楽業界誌ビルボードのシングル・チャートは実売(ほぼiTunes他の有料ダウンロード)とラジオの放送回数とYiuTubeの視聴回数で作成される。VEVOはYouTubeがプラットフォームだ。ジャスティン・ビーバーはラジオに強くない。しかし少女達に受けるビデオを作る。それも低予算で。シングル・チャートで1位になる。そして最終的には親同伴の少女達に高いコンサート・チケットを売る。同伴の親もチケットを買わなければならない。

アデルの場合、ジョナサン・ディキンズという有能なマネージャーがいる。「ハロー」の音楽ビデオの監督はグザヴィエ・ドラン。昨年映画「Mommy/マミー」で第67回カンヌ国際映画祭の審査員賞を受賞した。映画仕立てのビデオが万人に受けた。歌って踊るビヨンセやレディー・ガガはベスト10に登場出来なかった。それに比べて、3位にオーデション番組「Xファクター(アメリカ版)」出身の女性5人組のフィフス・ハーモニーが入った。受けるビデオに時代の変化があるのかもしれない。

VEVOによれば、携帯での視聴が48%で、今年初めてデスクトップ(44%)を抜いたそうだ。







プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR