スポティファイ、インディーズとも契約

インディーズのレコード会社を束ねるマーリン・ネットワークが、定額制音楽ストリーミング・サービス最大手のスポティファイと複数年の契約を結んだと、欧米の音楽業界誌が報じた。

マーリン・ネットワークはインディーズのデジタルに関する協会のようなもの。42カ国2万社ものインディーズをまとめている。市場占有率でみると、約12%を占める。スポティファイとの契約はユニバーサルミュージック同様、有料会員はアルバムを発売日から聴けるが、CMを聴いている無料会員は発売日から2週間は聴くことが出来ない。但しシングルは発売日から聴く事が出来る。

テイラー・スウィフトはスポティファイに音源を提供しなかった。理由は無料会員がアルバムを発売日から聴く事が出来れば、実物のCDや有料ダウンロードでの購入をしない。ユニバーサルミュージックはスポティファイに、音源の使用料の料率を下げるという条件で、無料会員は2週間聴けないという契約を結んだ。無料会員を出来るだけ多く有料会員にするというのが目的だ。

スポティファイはソニーミュージックとワーナーミュージックとの契約更改に至っていない。恐らく2社は、使用料の料率でもめているのだろう。無料会員が2週間聴く事が出来ないというのはユニバーサルミュージックと一緒だが、使用料はまけたくないという事だろう。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR