パンドラの株価

パンドラの株価
過去1年間の株価推移

売却の噂が絶えないインターネット・ラジオ最大手のパンドラ。今週の月曜日(6月5日)、ニューヨーク証券取引所での株価が前週の金曜日に比べて、$9.48から$8.75と、7.7%もダウンした。

音楽業界サイトのミュージック・ビジネス・ワールドワイドによると、直近(今年の3月)のアクティブ・ユーザー数は7670万人で、対前年で増えるどころか、270万人も減った。

昨年(2016年)、衛星ラジオ「シリウスXM」の主要株主であるメディア大手のリバティ・メディア社がパンドラを買収するというニュースが流れた。それによると、リバティ・メディアはパンドラの1株を15ドルとし、総額3740億円で買収するという提案を示した。しかしパンドラはこの提示金額を飲まず、破談になった。パンドラの役員会は1株は20ドルの価値があると主張した。今年の3月、リバティ・メディアのグレグ・マッフェイ最高経営責任者は当時の提案が高すぎたと語った。今なら1株10ドルだったら買うという。そうすると買収金額は2530億円だ。

それが昨日(6月7日)の終値は$8.48で、今年の最安値を記録した。

ウォール街の株専門サイトを見ると、理由は2つありそうだ。1つ目はパンドラが上場以来1回も黒字になったことがない。2つ目は音楽を聴く今の時代は定額制音楽・ストリーミング・サービスで(パンドラもようやく始めたが)、リスナーはオンデマンドで好きな時に好きな曲を聴きたい。

リバティ・メディア社がパンドラを買収したらどんなビジネス・モデルを作るのだろう。



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR