リッチー・サンボラとオリアンティ

オリアンティ サンボラ


元ボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラ(58歳)は今、マイケル・ジャクソンの映画で話題になった女性ギタリストのオリアンティ(32歳)とバンドを組む。

サンボラは2013年4月、ボン・ジョヴィのカナダ・カルガリー公演から姿を消した。ジョン・ボン・ジョヴィに言わせると、それ以来現在に至るまで、全く会っていないそうだ。

オリアンティはマイケル・ジャクソンの死後公開された映画「ディス・イズ・イット」で脚光を浴びる。オーストラリアのアデレード生まれ。父親が大のロック・ファンで、幼い頃から聴いていた音楽は、父が持っていたエリック・クラプトン、ジミ・ヘンドリックスやサンタナ。高校時代はデフ・レパード、ヴァン・ヘイレンやホワイトスネイクを聴きまくった。15歳でギターの超テク二シャン、スティーヴ・ヴァイと出会う。18歳の時に転機が訪れた。サンタナのオーストラリア公演で、オリアンティはギターのサウンド・チェック要員に雇われる。そのままその夜のサンタナのライブに30分間のゲスト出演となる。

リッチー・サンボラが始めてオリアンティの演奏を観たのは娘のアヴァとハワイ観光の時だったそうだ。慈善コンサートで女性ギタリストが演奏しているので、アヴァにあれは誰だと聞いたら、オリアンティだと答えた。間もなく二人は恋仲になる。2016年からバンドRSOで演奏を始める・RSOとはRichie Sambora Orianthiの頭文字。昨年暮れに来日した。

先月9月にRSO名義の初ミニ・アルバム「Rise」を発売した。





プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";