大賀典雄元ソニー社長死去

大賀典雄元ソニー社長が昨日(4月23日)死去。81歳だった。

筆者(私)が大賀さんに最初に会ったのは1970年のCBS・ソニーの中途入社試験。1970年大賀さんは40歳の若さでアメリカのCBSレコードと日本のソニーの合弁会社CBS・ソニーレコードの社長に就任した。最終面接で大賀さんは「君は棒を振った事がありますか」と尋ねられたので、「いいえ、私はクラシック音楽は全く駄目です」と答えると、大賀さんは「棒といったってタクトの事じゃない。学生運動の棒の事だよ」と話された。CBS・ソニーで大賀さんはいつも「琴線に触れる音楽を作りなさい」と社員に話していた。

CBS・ソニーを日本一のレコード会社にした後、1982年ソニーの社長に就任する。盛田昭夫会長の下、エレクトロニクスのソニーにより大きなシナジー効果をもたらすべく、音楽最大手のアメリカのCBSレコードを買収、映画の最大手のコロンビア・ピクチャーズの買収の指揮を執る。コンパクト・ディスクは大賀さんが作ったと言っても過言ではない。音楽家でもある大賀さんの親友カラヤンとはジェット機の操縦士仲間。カラヤンはコンパクト・ディスク推進者として大賀さんをサポートした。カラヤンの自宅でカラヤンの死を看取ったのは大賀さんだった。

音楽や映画に加えゲーム・ビジネスに進出する。日本の音楽や映画で世界を制覇するのは不可能だがゲームなら可能だと大賀さんは判断した。1993年、ソニー・コンピュータエンタテインメントを設立、翌94年12月3日プレイステーションが発売される。筆者もこの時期ソニー・コンピュータに在籍していた。プレイステーションの生みの親である鬼才久多良健をコントロール出来たのは大賀さんだけだった。

下の写真は大賀さんと筆者。2008年春、久多良木健がプレイステーションの功績でアメリカ家電協会の「名誉の殿堂」入りを果たした際のパーティーで。大賀さんは2004年「名誉の殿堂」に入った。

安らかにお眠りください。

大賀典雄元ソニー社長

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR