アメリカ人の音楽の聴き方

TV視聴率やラジオ聴取率やレコード実売調査のニールセンがアメリカ人の音楽の聴き方をレポートにまとめた。調査は今年(2017年)の8月、13歳以上の3000人を対象にオンラインで実施された。


ニールセン調査2017

それによると上のグラフのように、音楽を聴く人達が割く時間の割合は、ストリーミングで聴いているが2015年の32%から2017年は41%に伸びた。ストリーミングには定額制音楽ストリーミング・サービスやパンドラといったインターネット・ラジオや動画再生のYouTubeがある。既存のラジオ局や衛星ラジオでの音楽聴取は26%から24%と微減だが、有料ダウンロードで音楽を購入して聴く時間は23%から14%と激減した。また実物のCDやLPを聴く時間は12%から11%で微減だった。

1年間で音楽に使うお金は17,200円(1$110円換算)で、コンサートに使うお金は全体の54%で、CDや有料ダウンロードや音楽ギフト・カードは29%で、定額制音楽ストリーミング・サービスは9%で、有料の衛星ラジオは8%だった。衛星ラジオが多いのは通勤途中に車で聴くからだ。

新しい音楽をどこで見つけるかについては、49%がラジオから、40%が友達からの情報、オンラインのストリーミングからが27%、SNSの情報が25%だった。アメリカでは地域密着型のラジオが相変わらず強い。




訃報:マルコム・ヤング(AC/DCのギタリスト)

AC/DCのギタリストだったマルコム・ヤングが土曜日(11月18日)、亡くなった。64歳だった。イギリスの生まれ。オーストラリアに移住。1973年、弟のアンガス・ヤングとAC/DCを結成。翌74年、「ハイ・ヴォルテージ」でアルバム・デビューした。

81年、悪魔の招待状(For Those About to Rock We Salute You)がアメリカ(ビルボード誌)で初のアルバム・チャート1位を獲得。2003年、「ロックの殿堂」入りを果たした。

マルコム・ヤングは2008年に癌が見つかり治療した。その後も体調が思わしくなく、2014年にAC/DCを抜けた。近年は認知症を患っていた。

日本でのAC/DCの評価はそれほど高くない。しかし海外ではコンサート集客力がずば抜けて強い。以下は米興行業界誌ポールスターがまとめた、おととし(2015年)の音楽の興行収入ベスト5。1$110円で換算した。

1位) テイラー・スウィフト 275億円
2位) AC/DC 198億円
3位) ワン・ダイレクション 175億円
4位) U2 168億円
5位) フー・ファイターズ 139億円



プロフィール

洋楽天国

Author:洋楽天国
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR
google_ad_client = "ca-pub-9953052841145339";